笑う門には福来たる:笑いが慢性化した疲労を回復させる効果って? | あるある、ウソホント

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

笑う門には福来たる:笑いが慢性化した疲労を回復させる効果って?


笑う門には福来たる 笑い 疲労回復

笑う門には福来たるとはよく言ったもので、
笑うことには、幸せな気持ちになる以外にも様々な効果があります。

心に与える前向きな効果はもちろん、疲労回復など体にも良い影響があるようです。

笑いが与える心への効果


笑うことで明るい気持ちになるのは当たり前(^O^)

例えば、

・嫌なことがあっても忘れられる
・怒っていることが馬鹿らしくなる
・穏やかな気持ちになれる
・明日からの人生が楽しみになる

心が幸せな時、笑えるのは当然ですね。

でも、幸せではない時に頑張って笑ってみると、
明るい気持ちになれるんです。

笑うことは、心のビタミンみたいなものですね(^O^)

笑いが体に与える効果


笑いによって脳が刺激され、免疫機能ホルモンや
モルヒネの数倍もの鎮痛作用と快感作用のある
ベーターエンドルフィンのホルモンが大量に分泌されます。

すると身体が活性化され、
免疫力がアップし自己治癒力が向上するのです。

また、笑うことで腹式呼吸になる効果もあります。
腹式呼吸は副交感神経の働きを助けて、自律神経を整えます。

笑いの最大の効果は疲労回復!


疲労回復には単純に笑ってみるという方法があります。
笑うことでどうして疲労回復になるのか?

疲労の原因の一つに、交感神経の働きが活発になり緊張状態が続くことがあります。

本来、自律神経というのは交感神経と副交感神経のバランスが保たれ、
どちらかに偏らないようになっていますが、
仕事などをしていると交感神経優位な状態が続きます。

そんな時笑うとどうなるのか?


笑いは副交感神経を優位にさせます。
笑うことで自律神経のバランスが保たれるのです。

また、笑うことで麻薬のモルヒネに近い働きを持つエンドルフィンが分泌されると
脳内がリラックスできて肉体的、精神的疲労回復の役に立ちます。

笑って腹式呼吸になることも疲労回復につながります。
腹式呼吸によって血液の流れがよくなると体内の疲労物質が排出されるんです。

慢性の疲労回復には、心と体の両方からアプローチが必要


一時的な過労による疲労ならば、十分睡眠を取るだけで改善しますし、
その場で栄養ドリンクを飲むだけで、何となくリフレッシュされた様な感じにはなります。

しかし、巷でよくいわれているリフレッシュ法やストレス改善策を実践しているのに、
多くの方がなかなか疲労体質から抜け切れず慢性化しています。

何故、スタミナ食を食べても、運動をしても改善出来ないのか…?

それは、

・心身の疲労を必要以上に知覚させる脳疲労
・現代社会で爆発的に増えている自律神経疲労
・そして体の使い方が悪い為に起こる身体疲労

この3つの疲労の根本的な原因に同時に対処をしていないからです。

もしあなたが、慢性化した疲労でお困りなら、
疲労革命プログラムをオススメします。

3つの疲労の原因を考慮して、心と体の両方からアプローチしながら
慢性化した疲労を取り除いていきます。

早ければその日にも、効果を実感できる根本的解決策です。
あなたも今すぐ試したくありませんか↓↓



関連記事

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

記事カテゴリー

最新記事

人気記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。