パンツを履かずに寝るだけ! 不眠対策、疲労回復にノーパン健康法の効果とは。 | あるある、ウソホント

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

パンツを履かずに寝るだけ! 不眠対策、疲労回復にノーパン健康法の効果とは。


93be24f03b664d5ec4d69382c281cdd3_s-thumbnail2.jpg

ノーパン健康法というものをご存知でしょうか?

下着を履かずに寝ることで不眠症の対策や、他にもいろいろな効果があるようです。
パンツを脱いで寝るだけというとても手軽な健康法についてまとめました。

多くの有名人も実践しているノーパン健康法


優香さん、浅田舞さん、大島優子さん
そして古くはマリリン・モンロー
なども実践しているノーパン健康法。

実は昔からパンツのゴムは体に良くないといわれていたようです。

「パンツのゴム病」といわれたのは1977年のこと。
高知の元良平氏という医学博士が提唱したようです。

昔のパンツのゴムは今のものよりも粗雑だったので
ゴムの跡がミミズ腫れのようになった方も多いのではないでしょうか。

皮膚の症状以外にも、下痢、便秘、腰痛、背中痛、立ちくらみなど
数千種類もの症状があるそうです。

身体的ストレスをなくすことで自律神経が正常に働き、
様々な症状が緩和されます。

パンツを履かずに寝るだけで不眠症などいろんなことに効くらしい


ノーパン健康法とは下着を履かずに寝るだけという
とっても手軽で簡単な健康法です。

何も用意する必要がないので、思い立ったら今日からでも
実践できるのが嬉しいですね。

パンツを履かずに寝ることで、
ゴムによる締め付け、布地による密着や密閉感がなくなり
ストレスなく熟睡できるようになります。

足の付け根には大きなリンパ節があり、
ここが締め付けられると老廃物の浄化が上手くいかず、
むくみの原因になりますし、冷えたり痛みの原因になります。


不思議なことに、ノーパンで寝ることによって
血行が良くなり熟睡できるだけでなく、冷え性の改善にもなるようです。

また、質の良い睡眠がとれることによって
ダイエットになったり、美容や健康にも良い効果が期待できます。


そして、慢性的な疲労で困っている方には
その場しのぎの対策ではなく、根本的に解決する方法を大公開!!
興味のある方はこちら↓↓





関連記事

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

記事カテゴリー

最新記事

人気記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。