若い女性でも薄毛に…?若年性脱毛症の8つの原因 | あるある、ウソホント

若い女性でも薄毛に…?若年性脱毛症の8つの原因


若い女性でも薄毛に…?若年性脱毛症の8つの原因

女性の薄毛・抜け毛は老化によるものと思っていませんか? 実は、10代や20代でも薄毛の症状を訴える方が少なくありません。

老化が始まっているとは呼べない年代の方が、通常のヘアサイクルを経ないで髪が抜け、全体的に薄くなる症状を「若年性脱毛症」と言います。

通常、毛髪は正しいヘアサイクルを繰り返し、髪が生え変わります。
若年性脱毛症では、頭皮や毛母細胞の老化ではなく、何らかの原因によってヘアサイクルが正しく機能しない状態になります。

ヘアサイクルの途中で抜けたり、毛根が細くなって細い毛髪しか生まれなくなったり、毛穴から出る本数が少なくなったりし、全体的に薄くなってしまいます。

若年性脱毛症を引き起こす、8つの原因


1.過度なダイエット

10~20代は「自分は太っている」と思い込み、過激なダイエットをしがちな年代。食事と運動をバランスよく取り入れたダイエットならば健康的なのですが、「体重を減らすために食べない」というケースが問題です。

毛髪の主成分は、ケラチンというタンパク質です。丈夫な毛髪を育てるには、このタンパク質の摂取が重要な役割を担っています。極端な食事制限によるダイエットは、健康を維持するために必要なタンパク質の摂取量が低下し、髪と頭皮に栄養が届かず、全体的な薄毛につながります。

バランスの良い食事を心がけ、過度なダイエットを行わないこと。当然のことですが、健康な頭皮から、健康な髪が生まれます。



2.間違ったシャンプーの選び方・使い方

毎日のシャンプーが若年性脱毛症の原因に!?
シャンプー剤には、「弱アルカリ性」と「弱酸性」があります。石けんシャンプーは弱アルカリ性、アミノ酸系シャンプーは弱酸性、高級アルコール系シャンプーは両方存在します。

弱アルカリ性のものは、皮膚や頭皮の角質を溶かし、汚れをきれいに落とすという性質があります。弱酸性のものは、洗浄力は弱アルカリ性のものよりもやや劣りますが、頭皮や皮膚と同じ弱酸性なので、刺激もマイルドなのが特長です。

毛髪はアルカリ性に弱く、表面が削られてしまいます。肌の場合は、弱アルカリ性に傾いても自分で弱酸性に戻ることができますが、髪は角化した(=死んだ)細胞ですから、自ら修復する力はありません。しだいに髪が細くなり、全体的にボリュームがなくなってしまいます。髪と頭皮にマイルドなアミノ酸系シャンプーを選ぶことをおすすめします。

また、シャンプーの使い方が間違っていると、頭皮が傷ついて、炎症を起こす原因に。爪を立てて頭皮をゴシゴシとこすっている方は、下記の記事をご覧いただき、シャンプーの使い方を見直してみましょう。



3.パーマ・ヘアカラー

ご存知の通り、パーマでは1液と2液を使います。1液はアルカリ性のチオグリコール酸アンモニウムなどで、システィンと呼ばれる毛髪内部の結合を切るのが役目です。2液は酸性の臭素酸ナトリウムなどで、1液で切れたシスティン結合を、ロッドを巻いた(ねじれた)状態で再び結合させます。パーマ液によって表面を覆うキューティクルが損傷し、内部のタンパク質も流れ出しやすくなってしまうのです。

カラーリングも髪に悪影響を与えます。カラーリングには、永久染毛剤(ヘアカラー)や半永久染毛剤(ヘアマニキュア、カラーリンス)、一時染毛剤(スプレー・マスカラタイプのもの)、脱色(ブリーチ)などさまざまな方法がありますが、特に永久染毛剤と脱色は、髪の内部のタンパク質の結合力を弱めるため、髪へのダメージが大きいといえます。

パーマ・カラーリングを繰り返すことで、髪が弱くなり、折れ毛・切れ毛となり、やがては脱毛につながります。

髪への負担を考えるとパーマ・カラーはしない方が良いですが、現在ではしない女性の方が少ないでしょう。多くても月に1回、できれば2ヶ月以上間隔をおくことをおすすめします。また、パーマとカラーリングを同時しないで、少なくとも2週間以上は空けましょう。髪と頭皮にやさしい、100%天然ヘナでカラーリングするのもよいかと思います。



4.血行不良

血行不良が若年性脱毛症の原因に血行不良は若年性脱毛症の原因に。頭皮マッサージで解消!
喫煙は血行不良を招き、毛髪に悪影響を及ぼすと言われています。タバコを吸うとニコチンが体内に取り込まれ、その作用で毛細血管が収縮します。これにより身体の血流が悪くなり、皮膚の温度を低下させるのです。頭皮は、喫煙後の数分で1~3℃も表面温度が低下します。毛細血管の収縮は、毛根への血流量も減らすので、血液は毛根へ充分な栄養を届けられなくなります。

タバコ以外にも、夜更かしや運動不足も血行不良を招く原因となります。規則正しい生活を心がけ、毛母細胞も生まれ変わる時間帯(22:00~翌2:00)には就寝するようにしましょう。毎日、頭皮に効く顔ヨガや頭皮マッサージもおすすめします。



5.ヘアスタイリング剤の使いすぎ

ヘアスタイルに気を遣う人ほど、スプレー、ムースなどのヘアスタイリング剤を使いすぎる傾向があります。その結果、ヘアスタイリング剤が頭皮に刺激を与えたり、洗い流しきれないヘアスタイリング剤が、炎症を引き起こす原因になったり……。適量を守り、髪や頭皮に残らないよう、よく洗い流してください。

また、逆毛を立てたり、コテで無理にひっぱったりすることも髪と頭皮のためにはよくありません。ドライヤーやコテの使い方も見直してみてください。



6.ヘアスタイル

血行不良が若年性脱毛症の原因に髪の流れに逆らったヘアスタイルは要注意髪の流れに逆らったヘアスタイルや、ポニーテールなどの無理に引っ張るヘアスタイルは要注意。髪の毛を無理に引っ張ると、毛母細胞に栄養を運ぶ毛乳頭が萎縮し、血流が悪くなります。その状態が続くと、抜け毛が増加し、薄毛につながってしまいます。

また、いつも分け目を同じところにつけている方もご注意を。分け目の部分が日焼けしたり、刺激を受けたりして、ダメージを受け、薄毛の原因になってしまいます。

髪を引っ張るヘアスタイルは控え、分け目は時々変えるようにしましょう。



7.出産後

出産後は、女性ホルモン(プロゲステロンとエストロゲン)のバランスが乱れ、身体に変調をきたします。抜け毛の症状もそのひとつ。一般的に、出産後、3ヶ月くらいから抜け毛が気になってくる方が多いようです。この症状は一時的なもので、ホルモンバランスが整えば、抜け毛も解消されます。

ピルなどの経口避妊薬(女性ホルモン剤)を服用している方は、ピルの服用をやめた後、出産後と同じような症状が出ることがあります。半年~1年くらいで抜け毛は解消しますので、あまり心配する必要はありません。



8.薬剤の副作用

抗がん剤など薬の副作用により、抜け毛が増えることがあります。この場合は一時的なもので、薬の服用をやめることで自然に解消します。

以上、若年性脱毛症の主な原因を挙げてみました。個人差はありますが、若い年代の場合は新陳代謝が活発なこともあり、早めに対処することで症状の改善が期待できます。薄毛が気になったら、早めに育毛の専門家に相談することをおすすめします。

関連記事

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

記事カテゴリー

最新記事

人気記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク