頭皮と抜け毛、ヘアサイクルの関係とは? | あるある、ウソホント

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

頭皮と抜け毛、ヘアサイクルの関係とは?


頭皮と抜け毛、ヘアサイクルの関係とは?


抜け毛は、男性の特有の悩みでもなくて、多くの女性でも悩んでいます。得に女性の場合は、妊娠、出産、更年期障害などで、抜け毛の悩みを持つようです。

そのような抜け毛は、年齢を重ね、頭皮の老化や・乱れた食生活(栄養不足や栄養の偏り)・ホルモンのバランス・ストレス・等が複雑に関係しています。

女性の場合は、過剰なダイエットや、過度のヘアケア(パーマやカラーリング等を繰り返し、必要以上の刺激を与える)、
男性の場合は遺伝的要素も大きくかかわってきます。(

ヘアサイクルとは


人のヘアサイクルでは抜けてはまた新しい毛が生えてくるという具合に、成長と脱毛を繰り返しています。
そのヘアサイクルも個人差があり、長毛の場合で女性がおよそ4~6年、男性が3.5~4.5年といわれています。

通常ならその役割を終えた髪は抜けるのが当然で、1日に50本から100本ぐらいは抜けても問題ありません。

ただ、ココで注意しておきたいのがその抜け毛が役割を終えた髪なのかそうでないかです。まだ、役割を終えていない成長途中の短毛が抜けているようであればそれは問題です。



抜け毛の原因


未だ脱毛の原因の全てがわかっているわけではなく、まだまだ未知なことの方が多いぐらいですが、脱毛の理由がいくつかあります。

そのひとつが、頭皮の乾燥です。
その中でも老化からくる乾燥と、その他の要因から起こしてしまう乾燥とがあります。

アトピー肌の人のお肌は、肌がとても乾燥しています。また、女性ならご存じかもしれませんが、乾燥肌から敏感肌にかわり、とても揺らぎやすいお肌になってしまい、お化粧品選びがとても難しくなることを…

肌が乾燥しているということはその時点ですでに肌バリアの機能が、かなり低下しています。肌バリアの低下は、血行などが悪く新陳代謝がうまくいっていない、肌のターンオーバーが正常でない状態です。

または、頭皮の皮脂を過剰に取りすぎていることが上げられます。当然のことながら、髪の生える土壌である頭皮の状態が悪い状態です。そしてそこにある毛穴の状態も良くありません。

毛穴はそこから毛が生えてくるのですからとても重要なところです。頭皮に栄養が行き渡っていない以上、毛穴にも栄養が行き渡っていることはありません。栄養が行き渡らない毛穴はどんどんその活動を閉じていくのです。



脱毛の予兆~段階


世間で言われる脱毛症⇒ハゲは、ある日突然来るわけではなく、何処かに予兆があります。脱毛の道のりをみていくと次のような感じです。


☆第一ステップ
この段階の状態は、まだまだ十分な髪の毛の量が存在しています。頭皮がやや乾燥気味になりで、青白い色(健康な頭皮の色)からピンク色に変化してきます。

症状は、シャンプーをしても頭のかゆみを感じ、フケが目立つようになります。


☆第二ステップ
この段階では、頭皮のかゆみが激しくなり、ふけの量も増えてきます。頭皮の弾力も無くなってきてやや固くなってきています。色もピンク色から赤みを帯びて来ます。

抜けている髪も以前よりも短い髪が抜けるようになってきます。この時点ではフケやかゆみがとてもある状態です。


☆第三ステップ
ココまで来ますと、生えている髪は産毛のような細くて柔らかい髪の毛になっています。髪が長く育っていきません。しかも、ごく細いうぶ毛で、事実上薄毛、ハゲ状態になっています。

頭皮の状態は、赤色から赤褐色になり、弾力が無く、固くなっています。この状態ではもはやフケも出なくなり、かゆみもありません。



病気の早期発見と言いますが、脱毛、抜け毛に関しても早期発見が必要です。

抜け毛を食い止めようと思うと出来る限り第一ステップの段階で処置を施しておかないと、なかなか回復するのに手間取ることでしょう。

頭皮が乾燥してきたかな?フケが少し目立ってきた。それがサインです。


★ヘアケア製品ランキング(楽天市場)はこちら★


⇒ ヘアーケア(育毛、発毛):記事一覧はこちら

関連記事

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

記事カテゴリー

最新記事

人気記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。