フケ、かゆみの原因と予防方法 | あるある、ウソホント

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

フケ、かゆみの原因と予防方法


フケ、かゆみの原因と予防方法

頭皮の乾燥こそ、フケ・かゆみの原因です。

頭皮は、髪におおわれているため見落としがちですが、ドライヤーの熱や紫外線などが原因で、ダメージを
受けやすい部位です。

額(ひたい)と頭皮の状態を比較すると、額に比べて頭皮の方が水分量も皮脂量も少なく、また、男性と比
べて女性の方が、頭皮の水分量・皮脂量ともに少ない傾向にあります。

頭皮の乾燥の原因としては、もともと乾燥しやすいという体質や、ドライヤーの熱や紫外線などが挙げられます。
さらに、加齢や頭皮のトラブルなどの要素が加わると、大量のフケやかゆみが発生します。

頭皮の乾燥・フケ・かゆみの状態


頭皮の乾燥・フケ・かゆみの症状としては、次のようなものがあります。

頭皮の乾燥
頭皮が乾燥すると、毛穴のまわりや頭皮の角質がめくれあがってカサカサした状態になったり、炎症を起こして赤くなったりします。


フケ・かゆみ
フケは原因や状態などから、大きく2種類に分けられます。

■乾燥性のフケ
皮脂の分泌量が少ない人に見られる、サラサラとした小さなフケです。これは、加齢、洗髪のしすぎ、シャンプーとの相性などの要因により頭皮が乾燥して、皮膚の角質がはがれたものです。

■湿性のフケ
皮脂分泌量の多い人に見られる、しっとりした大きなフケです。


フケ・かゆみ発生のメカニズム



フケやかゆみは、頭皮が乾燥して、そのバリア機能が低下したところに、皮脂が分解した物質や皮脂が酸化した物質の刺激によって発生します。フケは、頭皮の古い角質がパラパラとはがれ落ちたものです。

頭皮の古い角質は、頭皮に適量の皮脂がある場合、皮脂と混じり合うことによって“垢”になり、洗髪時に取り除かれます。

しかし、さまざまな原因によって頭皮が乾燥すると、頭をかいたときなどに、古い角質が小片となってはがれ落ちることがあります。これがいわゆるフケです。


また、フケ・かゆみの発生には、カビなどの菌も関わっています。

カビなどの菌には頭皮の皮脂を分解する働きがあります。その結果発生した皮脂分解物が刺激となって、フケ・かゆみが発生します。

紫外線は皮脂を酸化させるため、これが地肌に刺激をもたらし、フケ・かゆみが発生します。


頭皮の乾燥・フケ・かゆみを防ぐ上手なシャンプー


たとえ良質のシャンプーやコンディショナーを使っていても、お手入れの仕方が間違っていては、その対策効果は半減されてしまいます。

頭皮の乾燥やフケ、かゆみを防ぐための上手なシャンプーのプロセスを確認して、毎日のヘアケアに活かし
ましょう。


頭皮の乾燥・フケ・かゆみを防ぐ上手な髪の乾かし方

頭皮のヘアケアで大切なことは、洗髪に加えて、しっかり“乾かす”ということです。
髪を濡れたまま放置すると、フケの原因菌(カビなど)が繁殖する原因になりかねません。髪にダメージを与えないよう正しく乾かして、健康な頭皮を保ちましょう。



フケ、かゆみを予防する食べ物


ビタミンB2は「美容ビタミン」と呼ばれ不足すると、肌荒れや髪のトラブルが起こります。
たんぱく質の合成に関わっているため皮膚や毛質などの細胞の新生ひいては体の成長をサポートします。

ビタミンB2が豊富な食材
レバー(豚・牛・鶏)、カレイ、牛乳、納豆、魚肉ソーセージ、卵、ヨーグルト、まいたけなど




ビタミンAが不足すると、皮膚や消化管、肺や気管支などの外界と接している上皮細胞(皮膚や粘膜の細胞)の代謝がうまく行われなくなります。

そのため肌がかさついたり、消化管の吸収能力が低くなったりします。
皮膚や粘膜の健康を保って、免疫機能を維持する働きがあります。

ビタミンAが豊富な食材
レバー(豚・牛・鶏)、あんこうの肝、うなぎ蒲焼、銀だら、メロ、にんじん、かぼちゃ、ほうれん草、春菊など


★ヘアケア製品ランキング(楽天市場)はこちら★


⇒ ヘアーケア(育毛、発毛):記事一覧はこちら

関連記事

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

記事カテゴリー

最新記事

人気記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。