アロマテラピーの基礎知識 | あるある、ウソホント

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

アロマテラピーの基礎知識


アロマテラピーの基礎知識

アロマテラピーと言うと、何を想像しますか?

お洒落なインテリアショップなどで、アロマポットやオイルが売れられているシーンを想像するのではないでしょうか?

最近は、本当にアロマが身近になりましたよね。

アロマテラピーとは


アロマテラピーとは、「香り」を通じて、こころとからだの不調をもとに戻すお手伝いをすることです。

アロマテラピーという言葉が作られたのは1937年にフランスの科学者ルネ・モーリス・ガットフォゼが初めて文献に使用したのが始まりです。

これはアロマ(芳香)とテラピー(療法)を足した造語でした。

※ちなみに、アロマテラピーは仏語で、アロマセラピーは英語という違いで同じ意味です。

私たちのからだには本来、自然治癒力というものが備わっていて、多少のストレスは寝ている間に回復することができます。しかし、それ以上の負荷がかかってしまったときには自律神経やホルモンのバランスが崩れ、健康な状態が損なわれてしまうのです。

そんな不調を元に戻すお手伝いをしてくれるのがアロマテラピー。香りによってリラックスやリフレッシュを促します。

アロマテラピー療法


アロマテラピーでは、セルフマッサージをすることで様々な体調不良を改善できたりします。こころとからだ、両方に作用する素晴らしい療法であることを覚えておいてくださいね。

実はヨーロッパ、特にフランスでは、医療として確立され医師がアロマテラピーの処方箋を書くのが普通になっているのです。日本での、漢方治療の様な位置づけでしょうか。

日本でも、一部の産婦人科等はアロマテラピー療法を治療の一環として取り入れている医院もありますがまだまだ少数です。近い将来、アロマテラピーを活用した治療法を多くの病院で実践して処方箋を書く時代がくるといいですね。

アロマテラピーの魅力


アロマテラピーの魅力

みなさんはアロマテラピーのどんな所に興味を持たれているのでしょうか?

「雑貨屋さんで嗅いだオイルがとても素敵だったから!」

「お友達が習っていると聞いて!」

「プレゼントでもらったアロマキャンドルの魅力に取りつかれて!」

といった声をよく聞きます。

また、アロマテラピーは、自分だけでなく周りの人達にも香りに囲まれた生活を提供できる素敵な趣味です。

そこでアロマテラピーの魅力について4つお伝えしたいと思います。


1.自分の気分に合わせて、芳香浴ができます。

精油の香りを嗅ぐと、気分が落ち着いたり、深い眠りについたり、逆に集中力が高まったりします。

これは、精油の中に含まれている芳香成分が体の中に入り、作用しているからです。

アロマテラピーを習得することで、ご自身の気分や、どんな状態になりたいかによって、自在にブレンディングをして、芳香浴を楽しむことが出来るのですよ。 

とっても、ワクワクしますね


2.美容と健康の維持が可能です。

アロマテラピーは香りを楽しむだけでなく、ご自身で、化粧水・乳液・美容液といった基礎化粧品を作ることもできるのです。

ぜひマスターをして、敏感肌、乾燥肌、オイリー肌、アトピー肌といった悩みを改善して、いつまでもしっとりとした白くて美しいお肌をキープしてくださいね。

実際セラピストと言われる方たちは、皆さんお肌が綺麗です。これは、高級化粧品を使っているという事ではなく、実は自分の肌に合ったのを、自身で作っているからなんです。


3.お部屋の香りにこだわり、インテリアのセンスがアップ

アロマクラフト制作をしているうちに、お部屋全体にも工夫を凝らし、インテリアセンスがアップしてくることがあります。

アロマポットを置いて、オイルを焚く場所にこだわったり、アロマキャンドルを飾る場所の周辺もお洒落にしたりと。

せっかくなら飾る場所も、綺麗にセンス良くしたくなるものです。お掃除もマメになるかも?


4.プレゼント選びに困らなくなります。

ちょっとしたクラフトはお友達へのプレゼントやおみやげに最適です。

今まで、プレゼント選びに迷いがちだった人も、その人に合った、キャンドルや、香水、化粧水と色んなバリエーションで自由にギフトを作ることができます。

しかも、手作りはいつも以上に喜ばれますので良いことずくしですね。

アロマテラピーで何ができる?


アロマテラピーで何ができる?

アロマテラピーでどんな事に挑戦してみたいですか?

アロマテラピーで、いったいどんな事ができるのか代表的なものについてお話をしたいと思います。

例えば……

リフレッシュ系の香りをルームスプレーに
朝目覚めたら、シュッとひと吹き。お部屋に爽やかな香りが漂うとともに気分も高まります。
寝起きがスッキリしないという方にオススメ。

お掃除には抗菌作用のある精油を
掃除機のフィルターやぞうきんに精油を垂らしてお掃除すれば、除菌にもなって清潔感アップ。
ほのかに香る残り香も楽しめます。

風邪予防にも精油が大活躍
空気を清らかに保つ殺菌効果がある精油をスプレーしておくと風邪の予防につながります。
マスクのガーゼに精油を垂らすのも効果的。

トイレの芳香剤がわりに精油+重曹を
重曹に精油を混ぜたものをトイレなどに置いておくと、消臭・芳香剤になります。
匂いが抜けてしまった後の重曹はお掃除に使えば無駄がありません。

虫よけスプレーを手作り
虫が嫌う成分が入った精油を使って、虫よけスプレーを作ることができます。
天然成分なので安心して使用できます。旅行に携帯しても。

自家製アロマ化粧品
化粧水や乳液、クリームなども自分で作ることができます。
肌タイプに合わせて、必要な効能の精油を調合することで自分にぴったりの化粧品ができあがるなんて嬉しいですね。

アロマバスはバリエーションいっぱい
お風呂の入浴剤としてバスフィズやバスソルトを作ってみてはいかがでしょう。
その日の気分や体調に合わせて調合すれば一日の疲れをしっかりリセットできるはず。

精油+オイルのマッサージでエステ気分
目的に応じた精油とオイルを調合して自分自身をたっぷりトリートメント。
ぜひご家族にもマッサージしてあげましょう。優しさを共有する時間が生まれます。

眠れない夜は香りで緊張をほぐしましょう
寝付きが悪いとき、ティッシュやコットンにリラックス系の精油を垂らしたものを枕元に置いてみてください。
穏やかに眠りにつけるはずですよ。
旅先など環境が変わって落ち着かない夜にもオススメです。




関連記事

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

記事カテゴリー

最新記事

人気記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。