憧れの電動ろくろで大皿づくりに挑戦【オーブン陶芸の作り方】 | あるある、ウソホント

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

憧れの電動ろくろで大皿づくりに挑戦【オーブン陶芸の作り方】


憧れの電動ろくろで大皿づくりに挑戦【オーブン陶芸の作り方】

動ろくろを習得するとさらに作品の幅も広がると思います。

今回はろくろで誰しもが作りたいと思っている大皿に挑戦してみましょう。
⇒ ★楽天市場で買える【電動ろくろ】一覧

今回電動ろくろで製作する大皿はこちら


大皿(オーブン陶芸)

道具、資材


・オーブン陶土「ロクロ」1袋
・ワイヤー
・弓
・かきベラ
・ハリ
・筆
・刷毛
・板2枚
・なめし皮と水
・藍Yu~
・化粧土「白」
・Yu~
・ロクロ

工程


(1)オーブン陶土「ロクロ」1袋分を取り出し、叩いて角を丸め厚さ3~4センチのホットケーキ状に整えてください。

(2)ロクロにひも状の粘土(別途)を置いて円をつくり、しっかりと固定していきます。

(3)リング状の粘土の上に板を置き、上から叩いて密着させます。板の上に粘土を置きます。中心をとってください。
 
(4)手に水をつけて、全体を濡らします。ふちを均一に整えていきます。

(5)弓で高さを揃えます。ふちをなめし皮でつまむようにして整えます。

(6)ふちを外側に倒していきましょう。指の腹を使って均一に倒します。

(7)水を含ませたなめし皮でふちを整えましょう。この状態で半乾燥させてください。

(8)濡れた新聞紙をロクロの中心に置きます。ロクロの新聞紙の上に板ごと置いたら、中心をとります。

(9)まずは、高台を削りだしましょう。両手を安定させながら高台の高さを削り出します。

(10)高台の内側も削ります。これで成形は終了です。この状態で半乾燥させてください。

(11)乾燥したら、まず裏側から化粧土「白」を塗っていきます。ロクロの上に板ごとのせて、回転させながら塗りましょう。

(12)内側にも化粧土「白」をたっぷりと塗ります。塗り終わったら化粧土が手につかなくなるまで乾燥させてください。

(13)模様を描いていきます。まず、ハリで下書きをするとよいでしょう。下書きの上を藍Yu~でなぞっていきます。

(14)これで装飾は終了です。この状態で完全に乾燥させてください。乾燥したら、160~180℃で20~50分焼きます。

(15)完全に熱がとれたらコート剤Yu~を塗布します。そして、再焼成したら完成です♪
 

大きな作品をロクロで作れるようになれば、陶芸の腕前は大したもの。本陶芸でも十分通用すると思います。

何度も練習しコツをつかんでください。





⇒ オーブン陶芸の作り方 : 記事一覧はこちら

関連記事

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

記事カテゴリー

最新記事

人気記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。