練り込みで作る:食卓でいつも大活躍する大鉢【オーブン陶芸の作り方】 | あるある、ウソホント

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

練り込みで作る:食卓でいつも大活躍する大鉢【オーブン陶芸の作り方】



(練り込みの参考動画です。)

独特なデザインで人気のある、練り込みならではの色合いと模様が可愛らしい大鉢の紹介です。

深みのある鉢に仕上がりますので、食卓ではもちろんインテリアとしても活躍するでしょう。

今回製作する練り込みの大鉢はこちら


練り込みの大鉢(オーブン陶芸)

道具、資材


・オーブン陶土「工作用」
・オーブン陶土「黒木節」
・オーブン陶土「紅陶」
・タタラ板 5mm×6枚 2mm×2枚
・刷毛
・筆と水
・かきベラ
・ワイヤー
・ハリ
・弓
・型
・カヤまたはガーゼ
・手回しロクロ
・Yu~

工程


(1)オーブン陶土「工作用」を1袋取り出し、角を叩いて2.5cmほどの厚さに整えます。タタラ板をセットして、下から順に2mm/5mm/5mm/5mmとなるように板を積み、タタラをつくります。

(2)スライスしたもののうち、一番上一番下の粘土は捨て分です。5mmの粘土板を3枚使います。

(3)同様にして、「紅陶」もスライスしてください。

(4)少量の黒木節をひもにします。2,3本作っておきましょう。

(5)工作土の端を指で押さえ、少し水で濡らします。その上にひも状の黒木節を置いてください。

(6)工作用でくるりと巻きます。巻けたところでカットします。その後、中に空気を入れないように心がけながら端をつなげてください。

(7)次は紅陶で巻きます。少し転がして、細くしたものを、もう一度工作用で巻きます。同様にして6本作ってください。

(8)すべて7mmの厚さにスライスしてください。

(9)ロクロに置いた型にカヤを被せます。型の内側にパーツを置いてください。

(10)隙間には、工作用を丸めたものを詰めてください。並べ終えたら、内側をならしていきます。

(11)内側が終わったら半乾燥させましょう。カヤごと取り出したときに、形がゆがまないようであれば次の作業に移ります。

(12)ロクロに粘土を逆さまにして置き、隙間に工作用を埋め込んでいきます。

(13)埋め込みが終わったら、指で粘土を馴染ませます。ふちも馴染ませます。角をとるように指でならしてください。

(14)カンナ削れる固さになるまで型に入れて乾燥させます。カンナで削る作業に移ります。模様がはっきり出るように外側も内側も、全体を削っていきましょう。

(15)これで成形は終了です。この状態で完全に乾燥させてください。乾燥後、160~180℃で20~50分焼きます。

(16)Yu~を塗布し、再焼成します。完全に熱が冷めたら出来上がりです。


練り込みは一度体験するとやみつきになる人が多い、独特の技法です。

粘土の組み合わせ方によって、市松模様を描くこともできますし、金太郎飴のように人の顔を表現することも可能です。

手間はかかりますが、うまくできた時の喜びは格別。ぜひあなたのアイデアを形にしてみてください。





⇒ オーブン陶芸の作り方 : 記事一覧はこちら

関連記事

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

記事カテゴリー

最新記事

人気記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。