植木鉢を作って植物に囲まれた生活はいかが?【オーブン陶芸の作り方】 | あるある、ウソホント

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

植木鉢を作って植物に囲まれた生活はいかが?【オーブン陶芸の作り方】




植木鉢の作り方をご紹介します。(今回はひも作りです)

陶芸の魅力の1つとして、他の分野とのコラボが沢山できる、ということがあります。

分かりやすい所としては、”料理”その他にも、ガーデニングや盆栽、園芸、アロマテラピーといった趣味で使う道具を陶芸を使って、自分で作ることが可能になります。

そういった視点で、陶芸を取り組んでみるのもいいですね。

今回製作するのはこちら!


植木鉢(オーブン陶芸)

道具、資材


・オーブン陶土「ECO」 1.5袋
・弓
・かきベラ
・ハリ
・ハンコ各種
・手回しロクロ

工程

 
(1)まず、「ECO」を1袋の1/4取り出し玉にまとめます。その玉をロクロの中心にのせ、上から叩いて5mm厚さになる位まで広げてください。

(2)次に底の大きさを切り出します。底を切り出したら、接着面となるところに傷をつけ、水で濡らします。

(3)粘土をひも状にします。ひも状にした粘土を、底の傷をつけた部分に積んでいきます。

(4)これを、自分が作りたい高さまで繰り返し行います。3段積む度に、内側と外側をしっかりとならして下さい。

(5)積み上がったら、植木鉢の形に整えていきましょう。形が整ったら、ロクロから粘土を切り離し、乾燥させます。

(6)足を作ります。「ECO」1/2袋を取り出して、3等分してください。足の形をおおまかに作ります。

(7)手で持っても形がゆがまない程度に乾いたら、削りの作業に移ります。ハリで描いた円に沿って側面を削っていきます。

(8)側面に好みのハンを押していきます。それが終わったら、底にポンスで穴を開けます。

(9)足をつけていく位置に傷をつけ、水を塗ります。内側も外側も指でならして、よく接着してください。

(10)足の高さが揃ったら、このまま乾燥させます。上下を返して置いても、ゆがまなくなったら削りの作業に移ります。

(11)まず、かきベラで面を作っていき、次にハリで、印をつけます。ハリの線に沿って、弓でカットします。

(12)足にもハンコを押します。これで装飾は終了です。この状態で完全に乾燥させてください。

(13)焼成は160~180℃で20~50分焼きます。

(14)オーブンから取り出し熱が完全に冷めたら完成です。
    

ひも作りは粘土を積み上げながら、様々な形をつくりあげられる大変面白くて奥の深い技法です。

細いものや流線型のものなど、個性的な作品をつくることもできますよ。

ぜひマスターしましょう。





⇒ オーブン陶芸の作り方 : 記事一覧はこちら

関連記事

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

記事カテゴリー

最新記事

人気記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。