お手製のマグカップでほっと一息【オーブン陶芸の作り方】 | あるある、ウソホント

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

お手製のマグカップでほっと一息【オーブン陶芸の作り方】




マグカップの作り方についてご紹介します。

今回の作り方は、タタラ作りという、複数の同じ形の作品を作るのに便利な手法です。

陶芸では、とってもメジャーな作り方ですので是非覚えておきたいところです。

今回制作するのはこちら!


マグカップ(オーブン陶芸)

道具類


・オーブン陶土「紅陶」2袋
・タタラ板
・5mm×4枚 2mm×4枚
・カヤ(ガーゼでも可)
・型をとるためのコップ
・型紙
・ワイヤー
・木べら
・かきベラ
・ハリ
・カンナ 小
・刷毛
・Yu~
・化粧土 「白」
・手回しロクロ
・なめし皮と水

工程

 
(1)2つの紅陶を1つに合わせ、ふちも同様に叩いて張り合わせていきます。

(2)次に粘土を型紙の大きさにの延ばしていきます。

(3)粘土の左右にタタラ板を以下の順番で置きます。下から順に、2mm/5mm/5mm/2mmです。

(4)捨て分/7mm/5mm/2mmの粘土板ができました。最初と最後の粘土2枚は使用しません

(5)まず、底から作っていきましょう。正方形にカットした先ほどの7mm粘土板をロクロの中心に置き、ハリのあたり線を目安に底を切り出します。

(6)コップにカヤを巻きます。準備ができたら、先ほど作った底の上に中心を合わせて置き、5mm板を型紙に合わせてカットします。

(7)側面と底の接着面にハリで傷をつけて、水でぬらします。そして、コップの周りに巻きつけるようにして粘土板を貼り付けます。

(8)端の余った分はカットしてください。底と側面の接着面がしっかりくっつくように指でならしていきます。

(9)ある程度形ができてきたら、型を外します。次に、なめし革を使ってさらに滑らかに仕上げます。

(10)この作業をもってボディはできあがりです。ワイヤーで切り離し、形をゆがませないようにカップの底近くを持って動かします。

(11)残しておいた7mm粘土板から取っ手をつくります。

(12)マグカップ本体が手で触ってもゆがまないくらいに乾燥したら削りの作業に移ります。その後、取っ手をつけます。

(13)取っ手がついたら半乾燥させ、化粧象嵌をするための溝をカンナ(小)で彫っていきます。

(14)全面に模様となる溝を掘り終えたら、化粧土「白」を塗り、乾燥させます。

(15)化粧土を削り落していきます。これで装飾は終了です。この状態で完全に乾燥させてください。

(16)焼成は、160~180℃で20~50分焼きます。完全に冷めてからYu~を刷毛で塗り、再焼成すれば完成です♪


初めてのタタラづくり。

切りだすのが難しいように感じても、慣れると効率よく成形できるようになると思います。

タタラ作りに凝ると、ずっとこの技法で器をつくり続ける方も少なくありません。

玉作りとはまた違う面白さを見つけてみてください。





⇒ オーブン陶芸の作り方 : 記事一覧はこちら

関連記事

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

記事カテゴリー

最新記事

人気記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。