ご飯が一段と美味しく感じる茶碗作り:【オーブン陶芸の作り方】 | あるある、ウソホント

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

ご飯が一段と美味しく感じる茶碗作り:【オーブン陶芸の作り方】




陶芸のレッスンの中でも大人気の茶碗作りです。

お気に入りの飯椀を作って、三食のご飯をさらに楽しんでください。



【今回制作するのはこちら!】
茶碗(オーブン陶芸)

【基本情報】


必要な道具類:

・オーブン陶土「黒木節」 1袋
・くし
・弓
・化粧土「白」
・水となめし革
・手回しロクロ
・Yu~
・かきベラ
・ハリ
・ワイヤー
・刷毛


★工程★ 


(1)湯呑みなどと同じ様に、オーブン陶土「黒木節」を袋から
   全て取り出し、きれいな玉状にします。

(2)上から横から粘土を叩いて、しっかりとロクロにつけ、
   ロクロを回転させながら、円柱形になるように整えます。

(3)玉の中心に親指で穴を開けます。
   底には2センチほどの厚みを残します。

(4)サイドを持ち上げていきます。ロクロを回しながら
   側面を指でつまみ、上へひっぱるような感覚でのばしていきます。

(5)ある程度の高さがでてきたら、口を広げていきます。
   小刻みに指を動かして、少しずつ広げていきましょう。

(6)弓を使って口の高さを整え、
   指で切断面の角を押さえていきます。

(7)刷毛で器全体に水を塗ります。水引です。ロクロを回転させ、
   粘土の側面に両手の指先をしっかりあてがいます。
   脇をしめ、体を安定させながらやりましょう。

(8)なめし革で器の表面を整えていきます。
   ふちをなめし革でつまむようにしてロクロを引きます。

(9)飯椀の形ができたので、ワイヤーを使ってロクロから切り離します。
   削りの作業ができる状態になるまで乾燥させます。

(10)削りの作業に移ります。高台の外側の円に沿って
    カンナをあて、削りだしていきます。

(11)削り終えたら、粘土に触れたとき、湿気を感じない位に  
    乾いていたら装飾に移ります。

(12)化粧土「白」をよくかき混ぜてから、側面に塗ってください。
    化粧土が手につかなくなる位まで乾かします。

(13)内側も同様に塗ります。乾燥したら、櫛目を入れていきます。

(14)これで装飾は終了です。この状態で完全に乾燥させてください。
    乾燥後、160~180℃で20~50分焼きます。

(15)完全に冷めてからYu~を刷毛で塗ります。
    Yuが乾いたら、100~120℃で15~30分焼きます。
    冷めたら、完成です!

いかがでしたか?手回しロクロを使った水引きを行うと、作品の表面にロクロ目と言われる独特の味を出すことができます。

玉作りだけで成形するよりも薄くスッキリとした形にまとめることができますし、ぐっと本格陶芸に近づいたような仕上りになると思います。

最初はなかなかうまくロクロを扱えないかもしれませんが、回を重ねるごとにコツを掴めるでしょう。ぜひ、ロクロの上で中心を取る感覚を身につけましょう。





⇒ オーブン陶芸の作り方 : 記事一覧はこちら

関連記事

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

記事カテゴリー

最新記事

人気記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。