ベジタリアンはウンコの量が多いのか? (人種別、動物別ウンコ量の違い) | あるある、ウソホント

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

ベジタリアンはウンコの量が多いのか? (人種別、動物別ウンコ量の違い)


ベジタリアンはウンコの量が多いのか? (人種別、動物別ウンコ量の違い)

ウンコの量は食生活によって違ってきます。

肉類だと、ほとんど体内に吸収されるのでウンコの量は少なくなり、野菜中心で食物繊維を多くとっていると、ウンコの量は増えるのだそうです。

つまり、ウンコの量には人種によって大きく差があるようです。それも信じられないくらいの違いが…

日本人のウンコの量は昔より少なくなっている


現代の日本人のウンコの量は150~200gほど。戦前は400gあったらしいですから驚きです。

戦後、食事が欧米化して肉食になり、食物繊維の摂取量が減ったことが考えられるようです。


大腸がんの発生率は、うんこの量と関係している

肉食中心でウンコの量が少ない欧米人より、食物繊維をたっぷりとりウンコの量が多い人種の方が、大腸がんの発生率が低のだそうです。

日本でも大腸がんが増えている原因は、ウンコの量にも関係しているのかもしれません。


パプアニューギニアの高地民族は1kg、イギリス人は120g!?


人種によって、驚くほど違いのあるウンコの量。

(1972年、イギリスの医師、デニス・バーキット博士の研究によるデータ)

・パプアニューギニアの高地民族⇒ 1kg

・ウガンダ人⇒ 470g

・韓国人⇒ 180~230g

・日本人⇒ 150~200g

・アメリカ人⇒ 120~170g

・イギリス人⇒ 120~170g

動物のウンコの量


ちなみに動物のウンコの量は以下の通り。

体の大きさも違いますが、やはり肉食動物よりも草食動物のほうがウンコの量が多いですね。

・ゾウ⇒ 100kg

・サイ⇒ 40kg

・牛⇒ 20~45kg

・馬⇒ 15~25kg

・パンダ⇒ 15~20kg

・ライオン⇒ 700~800g

・ウザギ⇒ 20~30g

・猫⇒ 20g



⇒ ウンコのウンチク:記事一覧はこちら





著者の伊沢正名氏は、野糞をはじめて35年。
自らのウンコを10000回以上、大地に埋め込んできた。
なぜそこまでして、彼は野糞にこだわるのか。


関連記事

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

記事カテゴリー

最新記事

人気記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。