あなたも、したことないですか? 開放的で意外と気持ちいい「野糞」について… | あるある、ウソホント

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

あなたも、したことないですか? 開放的で意外と気持ちいい「野糞」について…


あなたも、したことないですか? 開放的で意外と気持ちいい「野糞」について…

あなた、野糞(のぐそ)したことありますか?

・とっても開放的で気持ちいいですよ。
・でも、野糞って犯罪なんでしょうか?
・えぇ~、13年以上、毎日野糞しているプロフェッショナルがいるらしい!!

意外と開放的で気持ちがいい野糞


家が農家だった子供の頃、よく野糞をしたものです。

通学前の朝、三人兄弟でトイレの奪い合いに負け、
我慢できなくなった私に母親は、「外でしてきなさい!」
と言ったものでした。

「外で…」というのは「野糞」のこと。
畑の端っこに穴を掘って、してこいって意味なんですね。

そして、外でするウンコって開放的で気持ちがいいんですよ。

意外と、みなさん知ってますよね。
野糞したことある人って、実は多いはず…(^O^)

野糞って犯罪でしょうか?


警察官の目の前でしたら、おそらく捕まるんでしょうね。
法律的には「公然わいせつ(刑法第174条)」、「軽犯罪法」違反といったところでしょうか。

公然わいせつ


公然とわいせつな行為をした者は、6月以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。

人がいるところで陰部を露出してはいけません。

軽犯罪法


第1条 左の各号の一に該当する者は、これを拘留又は科料に処する。

20.公衆の目に触れるような場所で公衆にけん悪の情を催させるような仕方でしり、ももその他身体の一部をみだりに露出した者

26. 街路又は公園その他公衆の集合する場所で、たんつばを吐き、又は大小便をし、若しくはこれをさせた者
27. 公共の利益に反してみだりにごみ、鳥獣の死体その他の汚物又は廃物を棄てた者

32. 入ることを禁じた場所又は他人の田畑に正当な理由がなくて入つた者


つまり、他人の土地に勝手に入ったり、公園などの公共な場所でウンコをして放置してはいけません。
ということか… 

野糞のプロフェッショナル”伊沢正名”氏


都会でも毎日野糞してるって、この人はいったいどんな人なのか?

糞土師:伊沢正名(いざわ まさな)氏のプロフィール

1950年 茨城県の田舎町に生まれる。人間不信に陥り、仙人を夢見て高校中退。仙人修業の貧乏山旅の先々で、人情味溢れる思わぬやさしさに出会い、社会復帰を決意する。
1970年 自然保護運動を始める。
1974年1月1日 信念を持って野糞を始める。
1975年 キノコ、コケ、変形菌など、菌類と隠花植物専門に写真活動を本格化する。
1990年 伊沢流インド式野糞法を確立。
1999年 年間野糞率100%を達成。
2003年 野糞千日行を成就。それ以降今日まで、野糞連続記録(3400日以上)を更新中。
2006年 糞土師を名乗り、糞土研究会を設立。
2006年12月9日 野糞10000回達成。
2007年~2008年 野糞掘り返し調査実施(夏場と冬場の総数168糞)。土中でのウンコ分解の実体を明らかにする。
2008年 『くう・ねる・のぐそ』(山と渓谷社、1500円+税)刊行。35年間の野糞生活の全容と、科学と哲学でウンコに迫る。

引用:ノグソフィア

伊沢さんによる正しい野糞の仕方『伊沢流インド式野糞法』


野糞


『場所選び、穴掘り、葉で拭き、水仕上げ、埋め戻し、最後に枯れ枝で目印を立てる』

1、高山や湿原、清流、原生林など、繊細なバランスをとって成立している自然環境だけでなく道路上など他人に迷惑になる場所は避ける。

2、出しっぱなしの汚らしい野糞ではなく、分解も速やかに進むように、径20センチ、深さ5~10センチほどの穴を掘って脱糞し、きちんと埋め戻す。

3、腐りにくいティッシュペーパーは使わず、自然のままの葉っぱを活用する。

4、水で清めるインド式は、排便をより爽快にするだけでなく、自分の手で直接肛門やウンコに触れて始末することで、ウンコの実感をより身近に引き寄せることができる。

5、土に埋めたウンコが分解して土に還るまで、再度同じ場所に野糞をしないように、穴の上に×点に枯れ枝を立てて目印にする。

6、ウンコの分解が済むまでに、夏場ならばおよそ一か月。寒い冬のウンコでも暖かい春~初夏になれば一気に分解が進む。その後土中の無機養分は植物に吸収されるが、分解から吸収までに要する時間は、季節が一巡する一年あれば充分だ。それに対して、目印の枯れ枝が朽ちるまでには2~3年かかる。野糞のし過ぎで富栄養化を防ぐには、一ケ所につき野糞は1年に1回限り。この鉄則を守るためにも、枯れ枝の目印は重要だ。

引用:ノグソフィア

伊沢正名(いざわ まさな)さんが主催する「糞土研究会」のサイト


http://nogusophia.com/



⇒ ウンコのウンチク:記事一覧はこちら





著者の伊沢正名氏は、野糞をはじめて35年。
自らのウンコを10000回以上、大地に埋め込んできた。
なぜそこまでして、彼は野糞にこだわるのか。


関連記事

タグ/ うんこ 野糞
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

記事カテゴリー

最新記事

人気記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。