ミニ盆栽の作り方、育て方 | あるある、ウソホント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ/

世界共通の趣味「BONSAI」【ミニ盆栽の作り方、育て方



盆栽は、英語でも「BONSAI」と呼ばれている世界共通の単語です。

今では多くの外国人が「BONSAI」に興味をもち、「BONSAI」を知っています。

そして、盆栽を見て「Cool」「Magic」「Beautiful」と感動しているのです。

今、海外では盆栽もアートとして認識されておりヨーロッパを中心に根強い人気があります。

記事の続きを読む ≫

スポンサーサイト
タグ/

盆栽の贈り方、梱包の方法【ミニ盆栽の作り方、育て方】



盆栽を贈り物にする時の梱包のステップは、

記事の続きを読む ≫

タグ/

2年に1度は植え替えを!【ミニ盆栽の作り方、育て方】



植え替えとは、購入したての苗木や育て始めて2年経過した盆栽の、土を入れ替えて、根の整理を行う作業の事をいいます。

目的は、土が古くなって養分が少なくなってきているのを新しくリフレッシュするということと、太くて強くなった根を切り取り、細根を残して水分の吸収を良くするためです。

記事の続きを読む ≫

タグ/

想いのままに盆栽の枝をアレンジ【ミニ盆栽の作り方、育て方】



盆栽を始めた方が半年くらい経ってくると「毎日、水やりはしているけどなんだか飽きてきたな~」と、思い始めるケースが多いんです。

そこで、日々の水やりから1歩踏み込んで盆栽の楽しさを感じてもらう方法をお伝えします。

それは、針金かけ というものです。これは、自分の盆栽の幹や枝を針金を使うことで方向を曲げ、理想とする姿に変えていく方法です。

「この枝が、こっちに曲がったら美しいのになー」なんて思ったりすることが実現できちゃうんです。

針金かけができたら、さらに盆栽を楽しめると思いませんか?

記事の続きを読む ≫

タグ/

盆栽と病害虫について【ミニ盆栽の作り方、育て方】



盆栽を育てていると、どんなに水やりをして、肥料も与えたくさんの日照を確保しても必ず、病害虫が付きます。こればかりは、100%防ぐことはできません。

確かに、害虫といっても生き物なのだからOK!という考え方もありですが、美しい姿形を目指す本来の盆栽の目的からすると、確実にマイナス要因です。

葉が枯れたり、盆栽自体が枯れたりしますからね。

樹種ごとに、付きやすい病害虫は違いがあるのですがいろんな盆栽に良く現れる代表的なものとしてアブラムシ・うどんこ病の2つがあります。

記事の続きを読む ≫

タグ/

盆栽を旅行中でも枯らさないテクニック【ミニ盆栽の作り方、育て方】



家に不在の間、盆栽に水をあげる人がいないと困りますよね。

そこで、帰省中・旅行中も盆栽の事を心配することなく楽しむことができる方法をご紹介します。

その方法は、

記事の続きを読む ≫

タグ/

盆栽を枯らさないためにこれだけはやってはいけません【ミニ盆栽の作り方、育て方】



盆栽を枯らしてしまう行動についてです。

原因は、次の3つが大部分を占めます。

記事の続きを読む ≫

タグ/

盆栽に必要な太陽の光について【ミニ盆栽の作り方、育て方】



盆栽も植物ですから、光合成を行って、自分の命を育んでいます。

しかも、盆栽のほとんどの植物(木)は、自然の状態でいるよりも葉の数が少なく、葉も小さいため、日光に関して私たちは、常に気に掛けてあげないといけないのです。

「盆栽にはどの程度の日照が必要なのでしょうか?

記事の続きを読む ≫

タグ/

ミニ盆栽の肥料について【ミニ盆栽の作り方、育て方】



盆栽も必要なタイミングで肥料を与える必要があります。(家庭菜園程ではありませんが…)

盆栽は、鉢の中に育っているので自然の状態よりは土も少なく、栄養も少ない状態なので肥料は良好な状態を
保つためにとても重要な要素です。

いろんな種類の肥料がありますが、まず2つをご準備ください。

玉肥:窒素肥料を主体とした、発酵油かす。形は、サイコロの様にコロコロした物

液肥:ハイポネックスという盆栽や園芸でポピュラーな液体状の肥料。水で希釈して使います。

この2種類の肥料があれば、ほとんどの盆栽は大丈夫です。

記事の続きを読む ≫

タグ/

ミニ盆栽の水やり(灌水)の方法



盆栽を始めたら必ず行うのが水やり(灌水)です。

水やりは作業としてやるのではなく是非、「いつも楽しませてくれてありがとう!」「これからも、元気に育ってね。」
と、感謝をしながら行うことをおススメします。

盆栽が、ますます楽しくなりますよ。


記事の続きを読む ≫

タグ/

盆栽の土の作り方【ミニ盆栽の作り方、育て方】



盆栽の本などには土の作り方という項目があます。

そこには、種類ごとに配合を変えましょうなどと書かれていて初心者には困ってしまいます。

独自に配合を変えるには、各種類の土とふるいを用意しないといけません。

そして本のように、ホームセンターで盆栽用の土を買おうと思うと種類がたくさんで迷ってしまいます。

赤玉土、鹿沼土、腐葉土、培養土、ひゅうが土、ケト土。
そして盆栽用に砂もたくさんの種類が。
矢作砂、富士砂、日光砂・・・。

どうしたらいいの? という状態になります。

記事の続きを読む ≫

タグ/

ミニ盆栽を手に入れる方法は大きく分けて2種類あります。



盆栽を入手するには2種類の方法があります。

この2つではかかる費用が5倍も10倍も違ってきますから、盆栽の楽しみ方によって使い分けてください。

記事の続きを読む ≫

タグ/

記事カテゴリー

最新記事

人気記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。